topimg

手のしびれの原因と手の病気に関するサイト。

はじめに

手

手がしびれたり、手が震えたり、指先がしびれたり、手がピリピリして痛い…。手がしびれたり震えていたりしたら、物を持つことも大変になってしまいとても大変です。それに原因がわからないでこんな症状が出たらびっくりしますよね。

実は手がしびれる原因はいろいろとあります。原因が分かれば自分の体に何が起きているのか、またどんな病気が隠れているのか分かることにより、治療にも繋がります。

このサイトでは手のしびれの原因と手の病気について紹介していきます。

sponsored link

手のしびれについて

手のしびれといっても手の感覚がおかしい、指先がうまく動かないなどいろいろな感覚があると思います。寝ている間に手を体の下にしてしまい、血行が悪くなることにより朝起きたときに手がしびれる、というのはすぐに回復しますが、そうでない原因がわからないけど手や指がちょっとしびれるなどは何かしらの病気が潜んでいることがありますので詳しく見ていきましょう。

手のしびれの原因

また、手が痺れる原因を症状別に紹介していますので、痺れの症状を参考にどのような病気などがあるのか見ていきましょう。

手のしびれの症状

sponsored link

手が痺れる病気について

手のしびれの原因を見つけると、どういう症状が隠れているのかわかります。右図を見てどこが痺れているのかをまず確認しましょう。症状がでやすい部位が赤くなっています。詳しい原因や症状については各病名を参照してください。

腱鞘炎

■腱鞘炎(けんしょうえん)

腱鞘炎という名前や症状がどんなものであるのか知っている方は多いと思います。しかし実は腱鞘炎は手だけではなくいろいろな部分で起こりえる症状なのです。腱鞘炎について詳しく見ていきましょう。
⇒腱鞘炎の症状と原因・治療法

手根管症候群

■手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手のしびれが起きる手の病気で代表的なものが手根管症候群と呼ばれるものです。手首の神経が圧迫されることにより手のしびれを起こすものです。手がしびれるようでしたら手根管症候群かもしれません。
⇒手根管症候群の症状と原因・治療法

橈骨神経麻痺

■橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)

橈骨神経とは腕にある大きな神経のひとつでこの橈骨が圧迫されるなどすると指や手首が伸ばしにくくなります。この状態を橈骨神経麻痺と言います。原因は意外と身近なことで起きますので詳しく見ていきましょう。
⇒橈骨神経麻痺の症状と原因・治療法

リウマチ

■関節リウマチ

関節リウマチの場合手のしびれと言うよりも手がこわばっている状態になることが多いです。特に手の指の第2関節や第3関節、手首の関節などに腫れる症状が出てきて次第に指が変形してしまいます。早期治療で進行を遅らせたり、改善させることができますので見ていきましょう。
⇒関節リウマチの症状と原因・治療法

首の痛み

■首の痛みと手の痺れ

一見関係のないように見える首の痛みと手のしびれの関係ですが実は手の神経は脳まで繋がっていますので、その神経経路の間である首に痛みがあると手にも症状が現れることがあります。首の痛みと手のしびれの関係について見ていきましょう。
⇒首の痛みと手の痺れについて

肩こり

■肩こりと手の痺れ

これまた関係のないように見える肩こりと手のしびれの関係ですが、首の痛みと同様に手の神経経路と肩の神経経路は繋がっているため肩こりと手のしびれには関係があるのです。どういった状態で起きるのか見ていきましょう。
⇒肩こりと手の痺れについて

頭痛

■頭痛と手の痺れ

頭痛の症状が現れているときに手のしびれも併発しているようなら危険な場合があります。もちろんそうでない場合もあるのですが、危険な場合は早い段階で病院に行かなければならないこともありますので、詳しく見ていきましょう。
⇒頭痛と手の痺れについて

アル中

■アルコール中毒と痺れ

アルコールは適度に飲む分には百薬の長と呼ばれるくらい良いと言われますがご存知の通り飲み過ぎはむしろ体によくありません。アルコールの飲み過ぎは手のしびれだけでなく手の震えなども起き、アルコール中毒にもなります。
⇒アルコール中毒と手のしびれについて

糖尿病

■糖尿病と手の痺れ

予備軍も含めると日本人の10人に1人の割合で起きるといわれている糖尿病。生活習慣が大きく関わっているのですが、その糖尿病の症状の中に手のしびれがあります。もちろん手が痺れたからといって全てが糖尿病に繋がっているわけではありませんので、どういった症状があるのか詳しく見ていきましょう。
⇒糖尿病と手の痺れについて

sponsored link

免責事項

情報は正確なものを厳選してはおりますが、情報は必ずしも正確性を有するものではありませんので、ご利用者様の判断にて取り扱うようお願いいたします。
基本的にはお家で出来る簡単なケアを取り扱っていますので、急病、重病などの場合は掛かり付けのお医者様の診断を最優先にしていただきますようお願いいたします。
万が一このサイトを利用されて損害、損失などトラブルが起きた場合でも当方は一切の責任を負いかねますので、何卒ご了承のほどお願いいたします。
上記の内容をご理解したうえで当サイトをご利用いただきますようよろしくお願いいたします。