topimg

【腱鞘炎の症状と原因】

sponsored link

腱鞘炎の症状と原因

腱鞘炎

手が痺れる症状で一般的に知られているのが腱鞘炎です。手がしびれる病気の一つとして腱鞘炎(けんしょうえん)について説明していきます。

■腱鞘炎の症状

腱鞘炎とは正式には狭窄性腱鞘炎(きょうさくせい・けんしょうえん)といいます。まず腱鞘とは何かを知っている方は恐らく少ないでしょう。腱鞘とは腱の鞘(さや)と書くとおり腱にとって刀の鞘のような構造をしています。まず腱とは関節を動かす為の筋肉の力を四肢の先端に伝える紐状のものです。腱は腱鞘というパイプの中を通っていて、中には滑液が含まれている為すべりが良くなり、腱が動作によって浮き上がるのを抑えています。この腱鞘に炎症が起きている状態を腱鞘炎と呼びます。

この狭窄性腱鞘炎に大きく分けてばね指と呼ばれる症状とドケルバン腱鞘炎と呼ばれる症状の二つに分けられます。

【ばね指の症状】

まずは「ばね指」について説明していきます。ばね指の症状はというと、指を曲げた後に戻しにくかったり、引っかかるような感じになる症状がでます。これは腱鞘内に炎症が起き腫れてしまうと、腱の部分の動きが鈍くなり、これを放置してしまうとさらに悪化してしまうので初期治療が大事です。

【ドケルバン腱鞘炎の症状】

次に「ドケルバン腱鞘炎」について説明していきます。ドケルバン腱鞘炎の症状はというと、親指の付け根辺りから手首の辺りの腱鞘に炎症が起こり、手の痺れや押したりすると痛みがあったりします。一般的に知られている腱鞘炎がこのドケルバン腱鞘炎になります。妊娠中や出産後の女性の方やパソコンや手を使うような仕事をされている方、また最近ではスマホの操作のし過ぎでなるケースも多く見受けられる症状です。

sponsored link

■腱鞘炎の原因

腱鞘炎になりやすい方は、パソコンなどでタイピングあるいはマウス使用で手首と指を酷使している方、テニスや野球などの手首を使うスポーツ、赤ちゃんを長時間抱っこするお母さん、楽器演奏者、などなど手首や指を長時間もしくは断続的に使い続ける人に多いです。これは手の筋肉の酷使によるものが原因で腱鞘に炎症が出来てしまうためです。

■腱鞘炎の治療法

腱鞘炎を予防するには、原因となる手首や指の酷使をしない事が最大の予防になるでしょう。しかし特に仕事の内容上でどうしても避けれないのであれば、極力ストレッチやマッサージをこまめに行い周辺の筋肉の疲れをほぐしながら、予防を行うことが必要でしょう。

腱鞘炎の治療は、腱鞘に起きている炎症を抑えることがまず第一です。湿布やサポーターを使用して手首を固定し安静にしておく、炎症箇所にステロイド剤を注射する、症状が重い場合は手術によって狭くなっている腱鞘を切開しすべりを良くする方法が取られます。症状がひどい場合にはなるべく早めの受診をすることで悪化することを防げますので、早期発見早期治療を心がけましょう。

⇒手根管症候群の症状と原因

⇒橈骨神経麻痺の症状と原因

⇒手のしびれは何科の病院

sponsored link