topimg

【手根管症候群の症状と原因】

sponsored link

手根管症候群の症状と原因

手根管症候群

手のしびれが起きる病気で代表的なのが、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)という病気です。しかし、手根管症候群とはあまり聞き慣れない病名だと思います。詳しく見ていきましょう。

■手根管症候群の症状

手根管症候群の症状について説明していきます。手首にある骨と靭帯で囲まれたパイプのようなものの中を、正中神経と呼ばれる神経が通っています。この正中神経が圧迫されることにより、手のしびれや痛み、運動障害などを起こす手の代表的な病気が手根管症候群です。正中神経は親指から薬指の内側半分までの神経を束ねているので、しびれや痛みは親指から薬指の内側半分に起こるのが特徴です。従って、薬指の外側半分と小指には症状が現れません。

手根管症候群は朝の起床時や夜寝ている時に痛みや痺れの症状が強くなることも特徴の一つです。それと、手の甲側は痺れず、手のひら側が痺れるといった症状も特徴の一つです。

これらの症状が悪化していきますとものを掴むのですら困難になり、親指の付け根の筋肉が痩せてきてしまいます。

sponsored link

■手根管症候群の原因

手根管症候群の原因は、手の酷使によるものや、妊娠でのむくみ、女性ホルモンの影響によるもの、糖尿病やリウマチなどが要因となっているものなどがありますが、詳しい原因は未だ分かっておりません。中年以降の女性に多く見られることから、女性ホルモンの影響も大きいことが伺えます。症状が進行すると、筋肉の痩せが見られます。こうなると手のしびれが減少する半面、手の細かい運動が困難になり始め、症状としては悪化しているので注意が必要です。

■手根管症候群の治療法

手根管症候群の治療は初期段階であれば、手首をサポーターなどで固定して安静にします。またしびれに対して炎症を抑える鎮痛剤を服用します。手根管症候群の症状が進行している場合は、手術を選択することもあります。靭帯を切って正中神経を圧迫から解放することが目的となります。症状がひどい場合にはなるべく早めの受診をすることで悪化することを防げますので、早期発見早期治療を心がけましょう。

⇒橈骨神経麻痺の症状と原因

⇒関節リウマチの症状と原因

⇒手のしびれは何科の病院

sponsored link