topimg

【橈骨神経麻痺の症状と原因】

sponsored link

橈骨神経麻痺の症状と原因

橈骨神経麻痺

手のしびれの症状が出る病気の一つに橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)という病気があります。橈骨神経麻痺について見ていきましょう。

■橈骨神経麻痺の症状

寝て覚めたら手が痺れて手首が上がらない…そんな状態になっていたらそれは橈骨神経麻痺の可能性があります。橈骨神経麻痺の症状について説明していきます。

腕に通っている神経で大きな神経のうち正中神経、尺骨神経と並んでいるのが橈骨神経と呼ばれるものです。この橈骨神経が圧迫される、または負傷してしまい橈骨神経が麻痺してしまうことで手の痺れの症状が現れます。

この橈骨神経は肘の少し上辺りから指の先までを司ってます。しびれの他にも手の指や手首が伸ばしにくくなり、手を真っ直ぐに伸ばそうとした際に垂れ手といって手がダランと垂れ下がってしまう症状がでます。この垂れ手の状態がすぐに改善されないようでしたら、橈骨神経麻痺になっている可能性がありますので病院で診断してもらいましょう。

sponsored link

■橈骨神経麻痺の原因

橈骨神経麻痺の原因は、主に腕枕が原因となっていることが多くあります。ちょっと横になった際に腕枕をして、長時間眠ってしまったりすると腕に通っている橈骨神経が圧迫され、麻痺した状態になります。この時、飲酒などをして泥酔状態になっていると圧迫していることに気づかず橈骨神経麻痺になりやすくなります。

原因は腕枕だけではありません。怪我や骨折などによって橈骨神経が圧迫されたり、負傷してしまうことでも橈骨神経麻痺になります。

■橈骨神経麻痺の治療法

橈骨神経麻痺の治療は一ヶ月から三ヶ月くらいで大抵の人は治療を終えることが多いのですが、橈骨神経の圧迫のされ方によっては半年から1年くらいかかる場合もあります。治療法は治療用の装具を付けたり、怪我や骨折をしている場合は手術をすることもあります。

急に手がしびれて手首が上がらないと不安になると思いますが、余程の重症でない限り治りますのでまずは病院へ行き診断してもらいましょう。

⇒関節リウマチの症状と原因

⇒首の痛みと手の痺れ

⇒手のしびれは何科の病院

sponsored link