topimg

【頭痛と手の痺れ】

sponsored link

頭痛と手の痺れ

頭痛

頭痛と手の痺れと聞くと心配になりますよね。頭痛は日本人に特に多く、急性的に起こるものや慢性的に起こるものもあり、その原因は様々です。詳しく見ていきましょう。

■頭痛と手の痺れの関係

実は頭痛は原因不明のことが多く、脳自体は痛みを感じるわけではありません。頭部の血管や筋肉の緊張などによる刺激が、脳に「頭痛」という信号を発信させているだけであって、脳が痛いというわけではないのです。頭痛と手のしびれを併発している場合において、危険でない場合と危険な場合があります。どういった頭痛と手の痺れが危険なのか見ていきましょう。

sponsored link

■危険ではない頭痛と手の痺れ

まず危険ではない頭痛と手の痺れの場合は、緊張型頭痛といってストレスや疲労などが原因とされています。ストレスや疲労を取り除くことが出来れば、回復するので危険では無いと言えますが、ストレスは気づかないうちに溜まってしまっていたり、仕事や家庭などでの人間関係などで知らず知らずに溜まっていったりします。ストレスや疲労を取り除くには、よく睡眠を取り規則正しい生活と食生活を心がけることから始めてみましょう。

■危険な頭痛と手の痺れ

危険な場合というのは、脳の病気が関係している場合です。脳梗塞や脳腫瘍などの命に関わる病気です。脳の血管が詰まっている状態や脳に腫瘍が出来ている状態で、状況によっては命を落としかねない病気です。

もしも頭痛と手のしびれを現在同時にお持ちの方は、痛み止めなどの市販薬だけで済ますのではなく、出来るだけ早い段階で病院で診てもらうようにしましょう。脳の病気を疑って、大事に越したことはありません。何事もないことを確かめることもストレスを減らすことになりますし、もし頭痛と手の痺れがあるのでしたら早期発見早期治療が一番ですので確認のためにも診断してもらいましょう。

⇒アルコール中毒と手の痺れ

⇒糖尿病と手の痺れ

⇒手のしびれは何科の病院

sponsored link